赤裸々お話会 至福のパートナーシップ


✨赤裸々お話会✨

聖欲(セイント欲)

全ての欲を純粋に丸ごと抱きしめる生き方

欲というと日本ではあまり良い意味でとらえることが少ないですが、人として生きるからには

「欲」は「愛」「情熱」「活力」はハーモーニーを奏で、

きってもきれない要素。

そのせつなる祈りにも似た欲は本来純粋で愛おしいエネルギーです。

今回は、楽な人間関係、至福に満ちたパートナーシップにフォーカスをあてて、純粋な欲を抱きしめるお話会となります。

男女間の「誰にも聞けない疑問」にも、男女ダブル講師が赤裸々に!!ありていに!!全力でお答えします。

あんなこと、こんなこと、赤裸々に話してみませんか?

11月4日(土曜日)

会費3000円

(当日会場でお支払いください)

渋谷

東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘 305号室

会場14:30

開始15:00

ダブル講師のお話15:00〜17:00

17:00からなんでも質疑応答

18:30 終了予定

参加お申し込みの方は個人メッセージまでご連絡ください✨

講師

✨あみ✨

1995年よりカナダにてセッションをはじめ、1999年より東京都港区にて活動。

2017年10月に品川区にて新サロンオープン。

誰もが備えている「至福の最有力決定権」を目覚めさせ迷わない生き方を伝えるセッションで、老若男女、思想問わず、好評を得ている。

「超絶シンプルな直感という生き方」を提唱する、現実的シャーマン。

今回は至福のパートナーシップ、男女それぞれの特権について語ります。

質疑応答では、女性のリアルな本当の心を赤裸々にお答えします。

どんな疑問も思い切って問いかけてください🌸

✨ホームページ https://www.haloami.com/

✨ブログ http://erestial.jugem.jp/


✨たかし✨

口コミで根強い信頼と人気のある、赤裸々でスタイリッシュなカウンセラー。

様々なアプローチ方法と、まっ正直な姿勢でクライアントに向き合う男性。

自身も対人恐怖症を乗り越え、人との関わり、パートナーシップのパワフルさを実感。

今回は男性としてのリアルな本音をなんでも答えます。


#HALO #パートナーシップ #人間関係 #コミュニケーション #愛と性 #男女 #渋谷 #肉体との対話 #エネルギーの源 #エネルギーエクスチェンジ #欲 #祈り

| ご予約可能日程 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

レムリアンシードPT 石祭り2017夏

photo.jpg

とりいそぎ!

画像アップです✨

 

最後の7本のレムリアンシード放出します!!

 

もうお目にかかれない美しいバーコードと、

透明感、艶、どれも申し分のない本物のレムリアンシードを

ペンダントトップにしました✨

ルビー、カザフスタン産ストロベリークォーツ、

ハーキマーダイヤモンドなど、

レムリアンシードに合う石たちの彩もゴージャスです。

 

一点のみ、オレンジレムリアンもあります✨

 

探していた方には必見の作品になるかと!

ぜひ、遊びにいらしてくださいね♪

 

ご予約はこちら✨

https://www.haloami.com/book-online

 

| クリスタル | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

母は手負いの虎だった10

R0012584.JPG

死出の旅と思って高飛びした東南アジアで、

ジゴロの少年の里帰りを面倒見ることになり、

村に着いたら「おしん!」と呼ばれたところからです。

 

まず、座る間も無く小学校へ連行されました。

 

まー、かわいいかわいい!!

テンション上がる!

 

ちびっこたちが「おしーん!!」って叫びながら

わたしの周りを取り囲んで、

マイキー並みの構図で写真撮影ですwww

 

 

今の日本について一言!とか言われて。

 

子供達に「質問ある?」と聞いたら

 

「おしんみたいな暮らしなのか?

おしんとはかなり違く見えるけど??」

 

と言われ。。。

 

もー!w

どこまでおしん基準なの???w

 

あれ、すごい昔の日本の話でね、今、違うよ。

川で洗濯はしてないかな。

日本は全部が雪国ではないよー。

とかw

 

ちびっこたちとのお別れの時には、

全校生徒が道を作って拍手で送ってくれましたww

 

天皇陛下って大変だなぁ!!!

って心から敬服いたしました。

 

で、疲れ果ててますがその足で

村長のお宅にて宴です。

 

村人が大勢集まり、ご馳走が並んでる。。。。

 

申し訳なさしか湧いてきません。

真っ黒で、もじゃもじゃで、貧相な服で、絶望してて、死ぬ気。

そんな救いのない日本人が今、日本代表としてもてなされています。。。

 

鶏とか、豚とか、絞めてないよねっ?!まさか!

ほんとやめて、こんな奴のために動物の貴重な命つかわないで(涙)

 

と祈りましたが、時すでに遅く。。。

鶏さんが犠牲になっていました。。。

 

絞めてしまった以上は、綺麗に食べ尽くさないと。。

 

食欲なかったのですが、笑顔で食べきりました。

 

また記念撮影(号泣)

記録されるー。

この変な絵面がー。。

 

くったくたです。

涙の再会のはずが、

日本人初登場祭りになってしまいました。

 

しかも、日本人に見えない、

死出の旅の奴が代表として挨拶してしまいました。。。

 

すぐ帰るわけにもいかず、ホテルもなく。

ジゴロのご実家に泊まることになりました(号泣)

 

 

HALO あみ

 

JUGEMテーマ:毒親

| 機能不全家庭ブートキャンプ閲覧注意 | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

母は手負いの虎だった9

IMG_6727.JPG

母との生活に絶望し、父に呆れ果て、

死出の旅として東南アジアへ高飛びしたら、

ある少年の里帰りを面倒見ることになり、

ジャングルの奥地へ向かうところからの話です。

 

波止場での絶望的な子どもたちを見つめた後、

フェリーでスリだらけと警告され、

甲板へ上がった私です。

 

ベンチに座って海眺めてて。

それは美しい。

波止場の光景とのコントラストが残酷なほどの美しさ。

 

と。

 

隣に座るおばあさんがニコニコと話しかけてきます。

フルーツ差し出してきて、食べろと言っている。

 

いくら?

 

と聞くと、あげるっていう。

 

スリの親玉かもしれん。。。

 

でも、いいや、どうでもいい。

とりあえずレンタカー代は先に払ったし、

持ってるお金は少額だし腹に抱いているし。

 

もらったフルーツすごく美味しかった。

 

おばあさん、わたしが日本人だと知って、

マスオさん並みにのけぞってびっくりしてたw

 

ジゴロ君が心配して引き離そうとするんだけど、

大丈夫だよ、と静止w

 

結局、何も事件は起きずに到着しましたよ。

 

そこからが想像以上のジャングルでした。。。

ジャングルすぎて、緑に飲まれそうでしたよ。

 

ジャングル走ること4時間以上。

ようやく村について。

 

涙涙のジゴロ君と家族の再会!!

 

よかったね!いい親で!

 

うるうる見守る私に気づいた母。

なんか言ってる。興奮気味に。

 

ジゴロ君が「嫁か?って言ってるwww」と。。。

 

いやいやいやいやwww

息子さん根は純粋な良い子ですよ!

でも、わたしは日本人で嫁になる気はないんです!

ごめんなさい!

実は生きる気力もないんです!w

 

みたいな事をジゴロ君が通訳。

 

そうかー、、、とがっかりしたのもつかの間。

 

「おしん!!おしん!!!」

 

と村人コールが始まりまして。。。

 

おしんの人気はジャングルの果てまで届いてましたよ。

すごいね、おしん。びっくり。

 

その後、村に初の日本人きた!ってなって、

小学校へ招かれ、村長にもてなされ、祭りが始まったのでした。

 

 

つづく

JUGEMテーマ:毒親

| 機能不全家庭ブートキャンプ閲覧注意 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

母は手負いの虎だった8

IMG_6726.JPG

なぜかジゴロの里帰りを面倒見ることになった所からです。

 

まずは車ごとフェリーに乗るため波止場に向かいました。

 

波止場近くで路肩に車を寄せて停車。

 

ジゴロ君が

 

「何があっても絶対窓は開けないで。」

 

と真面目な顔で言う。

 

了解して波止場に着くと。

 

目のない子ども。

足のない子ども。

手のない子ども。

やせ細った子ども。

身体中切り傷の痕だらけの子ども。

 

まるでゾンビ映画のワンシーンのように、

車にびっしり張り付いてきて窓を叩いている。

 

フルーツ買ってくれ!

腕輪を買ってくれ!

というもの売り。

お金くれ!と叫ぶ物乞い。

ただ見つめている子。

 

「ぜんぶ、親がやるんだ。お金をもらえるようにって。

その子どもをレンタルしてお金もらったりしてる。」

 

ハンドルを握るジゴロ君が静かにつぶやきました。

 

わたしはこの子たちを助けられない。事実。

 

ただ、絶対に忘れないでおこう、と誓いながら、

その子ども達の姿をしっかり見つめて、

シャッターをおろすようにまばたきをして焼き付けました。

 

それしかできない。

この子たちが確かにここで生きていたことを

覚えておくことしかできない。

 

彼らには選択肢がない。

ここにいるしかない。

 

とりあえず、生きているだけ。

 

君たちほどじゃないけれど、

その絶望は知ってるよ。

 

もう生まれ直さないと無理だよね。

この人生での回復なんて信じられないよね。

ただ、生きてるだけ。

ここにいるだけ。

 

でも何かが起きるかもしれない。って、

その希望さえ抱くのが余計残酷になる日々。

 

ただ、ここに彼らが生きていたその風景は覚えておこう。

 

フェリーに乗り込んで車を降りようとすると。

またしてもジゴロ君が

 

「親しげに話しかけてくるやつ、全員スリだからしゃべらないで」

 

と。。。

 

だんだん死出の旅らしくなってきました。

 

 

つづく

JUGEMテーマ:毒親

| 機能不全家庭ブートキャンプ閲覧注意 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

母は手負いの虎だった7

IMG_6725.JPG

手負いの虎シリーズ7です。

 

母の暴力暴言、猟奇的行動に疲れ果て、

父の無鉄砲な突き放しと逃避っぷりに呆れ果てた私が、

死出の旅として東南アジアへたどり着いて、

ジゴロにボディガードしてもらった所からの続きです。

 

現地語と日本語ごちゃまぜの、

ルー大柴もびっくりな変なトークをしている私は、

現地の人並みに黒く日焼けしてて。

 

髪型はスパイラルパーマ(昔の電話のコードみたいなの)

服はその辺のすごい安いペラペラ

周りにはいつもジゴロ

屋台では現地民価格

屋台喫茶のマスターなんて

コーヒー無料でくれちゃったり

 

もう国籍不明ですw

 

なんかそれだけでもちょっと来た甲斐がありましたw

 

日本人女性の観光客が、わたしが日本人だとどこかで聞いて、

ある日相談があると訪ねてきました。

 

「こんな特徴のジゴロが

高級時計を持って行って返してくれない」

 

ここ来るのに高級時計してきた方もどうかと、、、

と思ったけど言わないでおいてあげて、

「その特徴からするとあの子だな」と見当をつけて尋ねてみまして。

 

「時計返しなよ。

ジゴロしか生きる方法がないなら、

女が喜んでプレゼントしてくれるくらいの

男になって、気持ちよくもらえよ。

盗むんだったら、もう二度と口聞かない。

きらいになる。」

 

って言ってみたら、返してくれましてね。

 

私は何をしてるんだろう。。。

 

そんなのが何件か起きて。

もうめんどくさくなっちゃって。

高飛び先でもうんざりしてきちゃってw

 

 

山でも篭ろうかな、、、と思い始めていた頃。

 

ある一人のジゴロが

 

「もう3年以上親に会っていない。

会いたいなぁ。。。」

 

と泣いてて。

 

聞けば遠いジャングルの中で。

 

まぁいいか。

近くは観光地だっていうしバックパッカー多いから

何かあるだろ、と思って。

 

「行ってみるか」

と言ったが早いか、

ジープ借りてきてw

 

5人一部屋のバックパッカーの宿に一泊を含む里帰りがスタート。

 

この後、かなりの光景を目の当たりにします。。

 

つづく

 

JUGEMテーマ:毒親

| 機能不全家庭ブートキャンプ閲覧注意 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

母は手負いの虎だった6

IMG_8099.JPG

 

こんにちは!

 

手負いの虎シリーズ、

全部はとても書けないボリュームなんで、

メインイベント的なことを書き綴っていきます。

 

壊滅的に何か壊れた気がした19の私。

 

なんかもう、とにかく、ぜんぶ、

ぜーんぶどーでもよくなっちゃったんですよね。

 

もうこの世なんかどうせ自分とは関係ないし。

国の相談所も全然力かしてくれなかったし。

身内はみんな他人事扱いだし。

どんなに大勢の異性にモテても全然現実味ないし。

 

唯一、弟だけは気にかかる幸せになってほしい人でした。

 

けど!

 

もうそれさえ、私にはギブアップで。

 

この世とはおさらばじゃ感がMAXなんですよ。

 

で。

死出の旅に出ることにしましたw

 

不慮の事故とかで他界出来たらいいな、と虚ろに思って。

 

当時、隠し持っていたへそくりと、

父から問答無用で強引に奪い取ったお金との合計額で。

航空券が安くて、一番長く滞在できる貨幣価値の国を調べて。

 

ある東南アジアへ飛んでみました。

 

弟が気がかりだったけど、もうどうにもこうにも、

この世におなかいっぱい感が圧倒的に勝ってまして。

もう、高飛びしか思いつかなかったの。

 

その国にはジゴロと呼ばれるストリート男子がいっぱいいて。

到着するなり日本女性にわいわい寄ってきました。

 

みんなおメメぱっちりで背が低くて細め、ジャニーズみたいな感じで。

(わたしの好みではない)

日本女性に取り入ってお金や物をもらうのが仕事。

 

わたしはタクシーで安宿へ向かい、

ランニングと短パンでずっと屋台で座ってたり、

ビーチでぼーっと野犬と一緒に海眺めたりしてて。

 

抜け殻です。

完全にw

 

ある日、ジゴロの一人が道端に座っている私の横で、

ギター弾いて歌い始めて。

「あー、もうお金ないわー。ご飯も買えないわー」

(日本語)

とかへらへら言ってんの。

 

たかりでしょうけどね。

もうそんなのもどうでもいい私なので、

 

「へー。

なのにギター弾いて楽しそうだねぇ。

わたしもお金いけど、

生きるのもホントにいやだから、

楽しそうな君のほうがすごいねぇ」

 

と返したら。

 

ジャニーズ顔のジゴロが

 

泣きはじめましてね!w

 

「さみしいよ。。

かなしい。。」

 

ってね。

 

真っ黒に日焼けしてジゴロより貧相な服を着た、

もじゃもじゃ頭の死ぬ気でうろついている、

日本人に見えない日本人が、

道端でジゴロとお互いの人生相談をしているという

ちょっとフォトジェニックなシュールな絵面w

 

滞在一週間経つ頃には、

私の周囲にはジゴロの数が10人くらいになっててw

 

屋台のおばちゃんも「観光客価格」じゃなく、

「現地民価格」で私にご飯を食べさせてくれているし。

 

どこへ行くにもジゴロの何人かが、

タチの悪いジゴロから私を守るためにボディガードで付いてくる状態!

 

なに、、これ。

 

死出の旅が極めて安全なことになってるwww

 

この後、日本人代表みたいな事態になるとは思ってもいませんでした。。。

 

つづく

 

HALO 上松亜未

JUGEMテーマ:毒親

| 機能不全家庭ブートキャンプ閲覧注意 | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

母は手負いの虎だった5

 

IMG_8101.JPG

久々に手負いの虎シリーズです。

 

選択肢につながる話をしたいと思います。

 

小学校一年生の頃だったか。

夜、寝ていたら「いたっ!」と感じて起きたら、

泥酔した母が泣きながら私の手首に

包丁を切りつけていましてねw

 

私が目を覚ますと、今後は自分の胸をめがけて包丁を突き立てました。

 

ぐでぐでなので力入らず、いずれも軽傷。

 

わたしは自分の手首を見て

「このくらいの怪我は普段でもしたことあるから平気だ」

と思いました。

 

母もダンガリーシャツ着ていたのもあって、

1cm弱の深さに刃先が入ったくらいで、

それを確認して「あ、大丈夫だ」と思ったのを覚えています。

 

なんだろね。

うちだけ毎日ハロウィン。。

トリックが行き過ぎ。。。

 

子どもって、基本、選択肢がないのですよ。

 

どんなに過酷で命がけな暮らしだろうが、

人権なんてどこの話?って環境でも、

 

「ここにいるしかない」

 

のです。

 

外に飛び出すことも何度もありました。

 

なぜか追いかけてくる母の腰に、

鍵のついたキーホルダーが下がっていて。

暗闇の道で後ろから鍵の音がしゃんしゃんと追いかけてくるのは、

なんとも言えないホラー感でしたね。

 

追いつかれて咄嗟に振り払った時、

泥酔している母が路肩に倒れ。

頭がコンクリートにぶつかる鈍い独特な音がして。

 

「殺ってしまったか。。。」

 

と思ったこともありました。

幸いすぐ起き上がってきて。

 

どっちが怖いのかよくわかりませんでしたけども!w

 

逃げても無駄なんですよね、子どもだから。

 

働けない、保護者が必要、基本親権最優先。

 

「ここにいるしかない」

 

唯一、選択肢があるとしたら「死ぬか生きるか」くらいです。

 

。。。究極すぎですw

 

わたしも弟も、選択がない状況で、

ただ虚ろに戦場で生きていました。

 

日本の法律で認められている婚姻は

女性16歳、男性18歳と知り、

ただただそれを待ち。

 

私が16になった時、

私が小学校4年生の時にガチで出て行った父に

(それまでもほとんどいなかったけど)

「わたしと弟で二人暮らしをさせてくれ!」と頼みに行きました。

 

あっさりばっさり、怒鳴られて取り合ってもらえず。

 

今度は18になるのを待ち、再度トライ!

 

「おまえら出て行ったら

むつ(母)はどうなるんだ!母親だろう!」

 

と怒鳴り散らして終わりでした。

 

いやいやいやwww

それを言うならお前父親だろう。

それ以前にむつはおまえの妻だろう。

 

と言ってみましたが、

なんと。。。

 

「甘ったれるんじゃねぇ!車降りろ!!」

 

と道路の真ん中で降されまして。

 

もーほんとびっくりw

わたしと弟の周りにいる大人たちは、とことん弱すぎる。。

 

と改めて絶望しましたね。

 

何か取り返しのつかない部分が私の中で壊滅的に壊れた気がしました。

 

選択肢がある。

それだけでも本当に自由で素晴らしいことなのだと痛感し続けた子供時代。

 

自分には命しかない。

夢を描いたこともない。

逃げる場所もない。

ぐっすり眠れる日がない。

愛してくれる人がいない。

 

今、わたしは大人になり、

この時に願った全てがある。

 

今までに2回、

全ての希望が叶った瞬間を味わったことがある。

 

1度目は、愛され、家庭を持ち、子どもを授かって。

産めないと言われていた身体でも産めた時。

 

2度目は、世界の違う国を訪れ、

様々な人たちと関わり、

異国の大自然風景を見て暮らせた時。

 

今でも、

ご飯を食べる時。

犬を撫でる時。

仕事をする時。

お風呂に入る時。

寝るとき。

 

全てが叶っていく。

 

至福です。

奇跡です。

 

今これを読んでくださっているあなたはどうでしょう。

 

どれほどの選択を持っているでしょうか。

 

夢を選べる。

やるかやらないかを選べる。

寝るか寝ないかを選べる。

食べるものを選べる。

出かける先を選べる。

着る服を選べる。

一緒にいる人も個人的には選べる。

 

選択があるってすばらしい。

 

それが仮に、自分にとっては究極の選択であっても、

選べるってすごいことなんです。

 

 

HALO 上松亜未

 

JUGEMテーマ:毒親

| 機能不全家庭ブートキャンプ閲覧注意 | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

空から宇宙へ抜ける旅 Outer Spaceブレスレット

IMG_8485.jpg

石祭りに向けて相当あせっております!!

 

こんにちは!あみです。

 

画像は、知る人ぞ知る

✨Outer Space✨

とうとう、最後の1点です!!

さみしい。

これは傑作です。

 

右側の一番大きいスターカット水晶ssグレードから語ります。

 

○まずは、5mmのブルームーンストーンssです。

明け方に空に見える月を想ってください。

 

角度が変わると透明な中からブルーの光の帯(シラー)が

鮮やかに現れます。

しっとりとした女性性と直感の石ですね。

 

○となりは6mmブルーカルセドニーss

すこし空が明るくなってきました。

 

こちらも美容液のように心を潤す石です。

 

○次はアクアマリン8mm、ssです。

明け方から早朝の空に変わってきます。

 

スムーズに言葉を美しく扱うのにサポートとなる石です。

 

○次はシルバームーンストーンssです。

光を帯びた霞がうっすらと空を漂うのを思ってください。

 

内観と内側で安らぐサポートとなる石です。

 

○次は鮮やかなブルーのシーブルーカルセドニーssです。

爽快な青空です。

 

解放感の強いのびのびとした石です。

IMG_8485.jpg

○次はカイヤナイトsaです。

空の高いところへきました。

飛行機にのって雲の上から上をみると、

明るい透明感のある群青色が見える感じです。

 

直感の石であり、感覚を研ぎ澄ます石でもあります。

 

○次はプラチナルチルクォーツsaです。

空を抜けるときの雲が銀色に光輝く帯になる様子を想ってください。

 

銀とは違う鋭い輝きを放つプラチナの針が内包されている、

覚醒とスピードの石です。

 

○次はクオンタムクアトロシリカssです。

宇宙から見た地球そのもの。緑や大陸が見えます。

 

自然との調和、ハーモニーの石です。

IMG_8485.jpg

○次はパープルオーラクォーツです。

宇宙の漆黒の手前、揺らぐ光を想ってください。

 

オーラフィールドを守る石です。

硬度の高い水晶に、銀、金、チタンなどを気化吸着させた石です。

 

○次はブルーサンドストーン多面体です。

宇宙の漆黒が広がり、砂金のように星がある風景です。

 

イタリアの修道士が錬金の中で作った人造石です。

魔除けとして定評があります。

 

○次はラブラドライドsssです。

宇宙、星雲、光、全てが揺らぐ美しい空間を想ってください。

 

こんなに美しいラブラドライトはもうお目にかかれません。

星雲そのもののような、光の帯が多数現れます。

直感をシンプルに、静かに深く使うサポートであり、

安眠にもよい石です。

 

○次はシルバーオーラクォーツ多面体です。

時折、よぎっていく流星の光の筋を想ってください。

 

冷たいひんやりとした覚醒の石です。

同じくオーラフィールドを守る石でもあります。

 

○いよいよ、ギベオン隕石ssとなりました。

様々な惑星が止まっているのか、動いているのか、

わからないほどの広大さを持つ宇宙で、

大きな惑星も生きている様子を想ってください。

 

ウィドマンシュテッテン構造を持つ隕石です。

隕鉄の生成過程で冷却時間が超長期間(100万年程度)かかる模様のことです。

かつてロレックスが文字盤に使おうとした、雪の結晶のような美しい幾何学模様。

 

強い覚醒の石で酔ってしまう人もいる石です。

無駄な思考をクリアに省き、自分の生き方に光の筋を通すような石です。

よく神社の御神体であったりします。

 

○最後は水晶ssのスターカット小中大のグラデーションです。

クリアに全てが水や空気のようなシンプルなエネルギーであると感じる、

透明な光の渦を想ってください。

 

高い研磨技術がなければできないカットです。

 

そんなストーリーを含んだOuter Space。

IMG_8484.jpg

これほどのグレードでこれほどの種類を揃えるのは大変なことでして。。

これで最後の一本です。

全ての石がもう二度と会えないようなグレードで、

強くもあり美しいハーモニーだなぁ、、と我ながらうっとり。

 

もちろん他にもすごい石たちがおります!

 

見るだけでも是非!!!な幻の石たちです〜!!

 

ーーーーーー

ご予約はこちら

https://www.haloami.com/book-online

 

7月29日(土)、30日(日)

8月4日(金)、5日(土)、6日(日)

 

石祭り復活

 

12:00〜20:00(終了)

までのご都合のよろしいお時間で

ご予約ください✨

 

備考欄にご希望お時間帯をご記入ください。

 

ゴム交換、お手入れも承りますのでお持ちください✨

 

 

| クリスタル | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

Top Of Topの至福感 パートナーシップバージョン

IMG_7631.JPG

 

 

こんにちは!

 

「直感を叩き起こす」とセットになっていることなんですが。

 

いつも

 

Top Of Top

 

というお話をしています。

 

通称 TOTと呼んでいます。

泣いた顔文字じゃないよw

 

でも、大人でTOTを腑に落とした方は、

ほぼほぼ、少しの間泣き暮らす方多いので、まんざらハズレではないかも。

 

なぜ泣くほど切ないのか。

 

今までどれほどに自分の声を無視して生きてきたかを

否が応でも自覚するからなんです。

悔しかったり、切なくて、悲しくなったりします。

 

TOTを腑に落とすプロセスは、

直感が目覚めると同時に起こることがほとんどなので、

 

「もう!絶対自分の直感に嘘つかない!!

いや、嘘つけないっ!誓うっ!うわーん!』

 

みたいな。

けっこうせつない。

 

TOTは何か。

 

「自分が本音の本音で赤裸々に、

喉から手が出るほど欲していて、

もしそれを受け取ったら、

胸がいっぱい、

全心身が幸福感で満たされる、

一番中の一番、どうしても絶対に譲れないほしいもの」

 

長いっすねw

 

たとえば、これをパートナーシップをテーマとして話します。

パートナーシップにおいてTOT無くしては進みませんので一番わかりやすいです。

 

男女の関係じゃないと起きない化学反応ってありますよね。

親子でも親友でも起きない、なんとも言えないスパークみたいな感覚。

 

それを一番感じ取れる、自分がいっちばん欲しい感覚、

してほしい扱い、はなんなのか。

 

頭(脳)ではなく

 

首から下、胸の奥、腹の底、から、

 

なんだったら、胴体全体で感じ取って受け取って欲しいのです。

 

この時、脳に聞いちゃうと、大体出してくるデータ決まってます。

 

「そこそのの会社にお勤めで、まぁまぁ安定な給料もらってて、

見た目がよくて、健康で、浮気とかしなさそうな真面目な方で、

ご実家が持ち家だったりしたら尚更よろしいんじゃないでしょうか♡」

 

みたいなね。

その辺の見ず知らずのおばちゃん捕まえて尋ねても言えるような内容。。。

脳の声って大体がそーだよねー。。。

 

まったくもって脳のエラーです。

自分の幸福感とは関係ない、

どこかの馬の骨データが一般的に良しとされているんだなぁ。。。

残念ながら、脳は聞いたまんま保存ファイルに入れちゃうんだなぁ。。。。

 

で、それら脳のアドバイスやお説教は一切無視です。

 

胸の奥、腹の底、から湧き上がる満たされる切ない幸福感こそが

 

「自分のオリジナルの至福」

 

わたしのとこへいらっしゃる女子にそう伝えて、

「で、何が一番欲しいかな?」って聞くと、

トップのブロックのぼんやりした回答が出てきますw

 

「優しくて、私を愛してくれて、お金持ちで、あーだこーだ」

 

それはトップブロックの話だねぇ。。。

その感覚で異性を見ていたら、

常に品定め、アラ探しになっちゃうんです。残念ながら。

 

TOTとは

トップブロックの、さらにトップエッジ!

 

カステラで言ったら黒いとこね!!

 

IMG_8298.JPG

 

関係性全体を10ブロックとしたとき、

重要度順で積んだとして。

そのトップブロックの、さらにエッジなトップ中のトップエッジです!!

 

これすごいだいじ。

 

たとえば、女子がよくいう「やさしさ」

 

やさしさにも

 

「男女であることメインにしたエロスなギラギラキラキラしたやさしさ」

 

「人間同士であることをメインにしたヒューマニティと尊厳のやさしさ」

 

「母性と父性をメインにした保護、安心のやさしさ」

 

など。いろいろある。

 

その中のどれが一番、自分の胸の奥が満たされ幸福感でいっぱいになるのか。

 

それを100%で受け取ったかのように

至福のエクスタシーでいっぱいになるほど、

まずは自分の内側に湧き上がる感覚で味わってみる。

 

そして、腹をくくって腑に落とす。

 

「必ずこれを持っている人と愛し合う。これだけは譲らない。」

 

そうすると、自分の感覚、直感が、

 

「生まれながらにそれを持っている人」「持っていない人」

 

の区別をつけることが出来るようになる。

努力して「そうしようとしてくれる」んじゃなくて、

それをもともと持っている人。

 

そのあとは、TOTの中の、

さらにどのくらいが満たされるのかの判断だけです。

(カステラの黒いところの、さらにどのくらいか)

 

ちなみに、トップブロック以外の9ブロックは全部おまけです。

 

望ましい内容であろうが、望ましくない内容だろうが、

人は様々な特徴と欠落を持っています。

 

それが人間らしさ。

なので、その他9ブロックは絆が深まるなかで、

受け入れ、許し、笑いながら、調整していけるもの。

 

何が起ころうが、どんな特徴や欠落を見ることになっても、

それはお互い様ですし、

なによりTOTがもし100%満ちている場合、

何を知ってもなんだかんだで許せるし、愛しいものなんです。

 

ケンカ三昧で不幸せそうに見えるカップルでも、

TOTが満ちていると本人たちは幸福感満載だし。

 

全てが幸せそうに見えるカップルでも、

TOTが栄養失調おこしていると(特に女性側)

誰も悪くないのに全員悲しいことになっている人もいます。

 

ちなみに、TOTは「一般大衆が笑顔で頷くもの」ではなく、

ひとりひとり赤裸々に、

自分の幸福感を貪欲に求め、

自分の幸せに最有力決定権という責任をとるものです。

 

それが、顔、セックス、お金でも、エッジのTOTがそうだったら「いい」のです。

脳の一般データはうるさいお説教をだだ流しにしてくるでしょうけど。

 

もう、完璧無視!

どうせどこかの馬の骨情報だからw

「どっかの誰かはそうだったんでしょうね、おめでとう」で終わり。

自分の幸福感とは関係ないデータですよー!

 

TOTを腑に落とした人は、

パートナーと「出会う」というより「発見」してくるし、

案外いるもんだなぁ!!と嬉しいびっくりをしている人が多いです。

 

気になっているあの人も、

一度、TOTを腑に落としてから、どのくらい満ちる相手なのか見てみると、

新たな発見があるかもしれません。

 

✨補足

100%TOTが満ちると、

あふれる母性父性も100%で相手に向かって注ぎ込まれます。

自然に。

そうなると、大抵は相手は大変心地よく嬉しくなります。

男女の仲になるか、戦友になるか、親友になるか、は相手の尊厳でもありますが、

ほとんどの場合、TOTがいくらか満ちるときには楽しい関係にはなれます。

| リーディングカウンセリング | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM